全部活動が 一流トレーナーから指導を受けました!

今日の部活動は、すべての部が体育館に集結!美術部の人たちも、トレーニング!

高岡市体育協会から紹介していただいた、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーの片岡淳さんにご指導いただきました。市体育協会からも西村専務理事様はじめ3人の指導者が来てくださいました。

片岡トレーナーは、国際的にも活躍している選手をも指導しておられます。生徒たちには、簡単そうに見えて、実は難しいトレーニング(体の動かし方)の方法についていろいろ紹介してくださいました。

はじめは、手と足を連動させての運動。これが意外と難しい・・・・

すぐにできるだろうと油断していた生徒たちはびっくりびっくり。自分ふがいなさに苦笑。

「頭脳からの指令を体に伝える時には、小さなかけ声にすると整理できるよ」などと具体的なアドバイスも・・・

ラダーのやり方についても、詳細にご指導いただきました。本校では、バドミントン部やバレー部が既に練習に取り入れてはいますが、ラダーの基礎・基本を教わることができました。

高岡市体育協会の指導員の方からもご指導いただきました。

ボールとボールを合わせて静かに保持することは、以外と難しい。先生は長時間保持しておられました。

最後は、保持しつつ移動するという難しいトレーニング。生徒たちは笑顔で取り組んでいました。先生は、体育館に響く大きな声で、生徒たちを励ましてくださるので、先生の指導には、みんな真剣に向き合っていました。

今日のご指導を、今後の各部活動で生かすことができたらいいな と思いました。

片岡先生、本当にありがとうございました。

1年生国語 人の話を じょうずに聴こう!

1年生の国語では、ペア(もしくは3人)になってお互いにお話を聴き合う授業が行われていました。

一番たのしいことは、何ですか?質問したあとは、もっと詳しく聴くためにつけたしの質問をすることも。

ていねいな言葉で、自分の感想も付け加えると、更に詳しく聞き出すことができますものね!

自分のことに興味をもって聴いてくれるので、自分のことをよけいにお話したくなっているようでした。

自分がたのしいと思うことは何ですか?の質問に対する答えにどのように付け足しの質問をして、どのような感想を言えば会話が深まるかの具体例が、教科書には書かれていました。子供たちは、それも参考にしているのです。

担任の先生は、グループの様子を観察して、じょうずな聞き方を全体に広めておられました。この後も、ペアを組み替えしながら、授業が進んでいきました。

 

【今日の給食紹介】

この豪華どんぶりをご覧ください」。今日は19日!高岡食育(19)丼の日です。今日は、高岡きのこのチキン南蛮丼。レストランのようなネーミング。注文すれば1,000円はしそう!給食委員が書いてくれた「たかおかきのこ」とは、学校近くの農園産!国吉りんごも含めて地産地消です。給食恐るべし・・・・

だんご汁は、うるめ鰯節の出汁を時間をかけてとったと調理員さんがおっしゃっておられるとおり、旨み抜群でした。

そして、今が旬の我が国吉りんご!

中心に蜜があふれるほどに入っていました。

8年生英語 ジャイアンとのび太どちらが・・?

8年生の英語、比較級の学習です。担当の先生は、生徒の興味を引く画像をフラッシュで示しながら、定型句を自然に言えるように工夫しておられます。

~より~のほうが大きい、小さい、強い、弱い、長い、短い・・・・連続して画像が登場します。

当然、授業の前半には、全体でしっかりとおさえたうえでの練習です。

時折、「え~?」と迷うものも出てきます。ウルトラマンと仮面ライダーどちらが強い?犬と猫どちらがかわいい?個人の主観に左右されるものです。教室の雰囲気を和らげるための先生のしかけです。

犬派と猫派は、ほぼ拮抗していましたが、やや犬派のほうが多かったです。ちなみに先生自身は猫派とのこと。

庄川と信濃川どちらが長い?・・・・どちらが短い・・・繰り返して英語で表現することにより、生徒たちにしっかりと定着しているように感じました。授業の様子は、教育実習生もじっくりと観察していました。

学習内容からちょっと離れた雑談や笑いは、授業のスパイスになるものです。

 

朝の会から 1時間目へ!

いくつかの教室の朝の会の様子をご紹介します。みどり学級は、担任の先生のお話を静かに聴いていました。

6年生は、朝の会の終盤。係の人が出てきてクイズを解いていました。朝、教室の雰囲気を和らげるのにはとってもいい活動です。教室から廊下に笑い声が聞こえてきました。これが毎日の光景です。

5年生は、担任の先生が子供たちに静かに語りかけておられます。

と、その横を朝の会を終えた6年生が1時間目理科の授業をしてくださる後期課程の先生を迎えに行く姿が。授業を楽しみにしていることがよくわかります。

そして1時間目が始まりました、すがの学級は、5年生の国語の授業です。統計資料の読み方という、まるで社会科のような単元でしたよ。

前期課程の廊下のいたるところに、6年生の「思い出の校舎」の絵が展示されています。絵そのものもさることながら、そのネーミングがとってもすばらしいので、ここでいくつかをご紹介します。

国吉ギャラリー!

私目線の6年A組

興味と好奇心の理科室

年々上る階段が増えていったな

すがの学級・前期課程最後の教室

6年生一人一人が、それぞれに校舎への思い入れを表現しています。

でも、6年生のみなさん安心してください。後期課程に進級しても、今建設中の2階連結通路で、いつでも今の校舎に来ることができますよ!