3年生算数 全員の考えをパソコンで共有しました!

今日、3年生の算数の時間は、それぞれが持っている端末をノート代わりに使用するという方法で行われました。数の理解です。

大型画面には、級友の書いたノートが映しだされています。

画面に書いた自分の考えを発表する時には、教室前の大型画面はその人の画面だけになります。

前に出てきて自分の考えを、みんなに説明します。

自分の考えが教室で共有されるので、パソコン上のノートに書き込む意欲は増します。

パソコンの操作が難しくならないように、担任の先生は右側の欄にシンプルに授業の流れを示しておられました。

子供たちは、パソコン上で色を付けて視覚的にわかりやすくするなど、工夫しながら理解を深めているようでした。

 

給食に 富山湾の宝石「シロエビ」が!

今日は、午後に教員の研修会を行うため、子供たちはいつもよりも若干はやめに下校します。これは、給食準備前の1年生と2年生の廊下の様子です。給食の準備前にランドセルの中などを整理しておくため、廊下は幾分ざわついています。

さて、今日は給食に「富山湾の宝石」と呼ばれるあの高級食材「シロエビ」が登場しましたので、献立をご紹介いたします!

 

【今日の給食紹介】

「シロエビには塩は一切使用していません」と調理員さん。素材の甘み・旨みを子供たちに味わってほしいとの願いからだそうです。塩がないことによって、確かに甘みがダイレクトに伝わってきました。三色和えは醤油のみの味付け。シンプル イズ ベストです!

ウルメイワシの出汁の効いたおでん!昆布や揚げ出し豆腐からも旨みが溶け出しています。

デザートは、山形県でつくられたブドウゼリー。子供たちのお口に入る時にベストとなるよう、解凍具合を見越してワゴン車に載せてくださっているようですよ。当日の気温も考慮に入れて・・・

8年生理科 電流の性質を学ぶ!

8年生が理科室で電流に関するいろいろな実験をしていました。電池を逆さまにしてプロペラを回り方を確認したり、プラスマイナス逆にしてオルゴールをならしてみたり。

電流の性質を学ぶ最初の実験のようです。小学校の3年生でも乾電池と豆電球をつないで点灯させたり、小学校の4年生では直列つなぎと並列つなぎを学んだりしていますが、その学びを更に発展させるためです。

電流の流れる方向を確認することは重要です。今後回路図などを学びますが、基礎・基本をおさえておかないと混乱のもとになってしまいますから。

2~3人で協力して実験していました。お話しながらの実験は、友達の新たな視点を取り入れる良い機会となるからです。

授業は、今後、回路に流れる電流、回路に加わる電圧、そして抵抗へと発展していきます。生徒たちは、今日の実験で、基礎・基本を固めているようでした。

理科室と同じ後期課程の2階校舎では、同時進行で校舎の改修工事が進んでいます。

連結通路の壁には、今日塗装が行われています。

こちらは、旧中学校の技術室と技術準備室。壁は取り払われ7年生の新しい教室となる予定です。

こちらはその西側の教室。中央に廊下ができて、7年生教室の向かいになる部屋です。、特別支援学級となる予定です。

 

遊ぶことは子供の仕事!-雨の日の長休み-

前期課程の今日の長休みは、あいにくの雨。教室にどとまり談笑して過ごす児童もいる中で・・・

体育館でバスケットをする子供たちも!

教室にいても、子供たちはにこやか!机の上を活用して何やら楽しそうに遊んでいます。外の雨が小降りになったと見極めるや・・・・

グラウンドへ!寸刻を惜しんで遊ぼうとしているのです。

保健室の前には、コロナ禍を象徴する掲示物があります。でも、子供たちは今元気です。できる範囲内で活動し、健全に成長してほしいと心から願います。

雨が降ると、冬に向かって一気に進み出したような感覚に襲われます。校門のイチョウは更に黄色を深めました。

週の始まり まずは環境を整えて!

7年生の朝の様子です。前期課程と同様に、朝の会までのしばしの時間読書をして静かに待っています。

後期課程の生徒玄関前では、顧問の先生と部員が自分たちの作品を展示しています。

苦労してつくった作品が、このようにお披露目されるのはうれしいもの。

前期課程の南階段には、6年生が6年間慣れ親しんだ校舎を心を込めて描いた絵が飾られています。

鯉のいる池、ジャングルジム、校舎など思い出は人それぞれ・・

「毎日駆け上がった階段」というネーミングは、描いた児童の心情がよく現されていると感じました。

前期課程の3階から後期課程校舎をみた風景です。来年、1月中にはこの2階連結通路を行き来した子供たちの新しい生活が始まる予定です。