「未来の高岡、私たちの思い」議論会に参加!-慶応大論コミ遠隔授業のまとめ-

本日午後、市生涯学習センターにおいて慶応大の論理コミュニケーション遠隔授業のまとめの集会が開催されました。意見文に関する表彰式と議論会です。本校からは、生徒会長及び9年生の受賞者計6名が参加しました。

高岡市内の中学生との議論、少し緊張しましたが、9年生は慶応大の論理コミュニケーション遠隔授業を修了しているので、自信をもって議論に参加できました。

参加者は市内中学生代表者60名。高岡市の将来について議論しました。

全員が意見文を持ち寄っての議論なので、議論はとても深まりました。

また、全員が慶大の授業を修了し、しかも論述で受賞した人ばかりなので議論は、ハイレベル。本校の9年生も堂々と議論に参加していましたよ。

議論会に先立って行われた表彰式では、本校生徒数名が米谷教育長から賞状を受け取りました。

髙橋市長も会場に足を運んでくださり、市内中学生の議論の様子を参観。授業でお世話になった慶応大の先生方もリモートで議論に参加くださいました。

本校では、8年生の段階でこの「論理コミュニケーション」の遠隔授業を受けることとしています。今も、8年生が受講中です。

ここで学んだ論述力(根拠を明確にして述べる)を基に、どんな人とも対等に自信をもってコミュニケーションをとれる大人になってほしいと思いました。

4年生給食準備 ゆとりの表情 でも短時間で終了!

4年生の給食の準備は、効率的!栄養士さんが待ち受ける中、ワゴン車を率先してとりにくる児童が!

入り口のドアレールを乗り越える時には、ちゃっかり栄養士さんの手も借りています。

談笑しながらのエプロンの着衣ですが、スピーディ!

お口だけではなくて、手も動いているのです。

低学年の頃には、このように先生たちの援助をもらっていた子供たちなのに、成長ははやいものですね・・・

 

【今日の給食紹介】

鰯の梅煮 と 野菜炒めです。調理員さんによると、野菜炒めに豚肉が入るのは給食では珍しいそうです。家庭とは違いますね。味も醤油、みりん、お砂糖だけと、いたってシンプルです。

配膳される前の野菜炒め。このおおきなボールから子供たちは個々に盛り付けるのです。

うるめ鰯節でとった出汁がしっかりと効いた大根のお味噌汁。揚げ、ネギ、人参もはいっていてとってもおいしいです。

秋の味覚である柿がデザートに登場!県内産はまだはやいらしく、福岡県産の柿だそうです。

ワゴン車上にある柿は、こんな様子です。

 

 

5年生ものづくり・デザイン科 高岡をPRするバナーをつくろう!!

5年生の2時間目は、「ものづくり・デザイン科」。高岡市独自の教科です。

本校の5年生では、一人一台の学習専用端末を活用して、インターネット上で高岡の良さを伝えるバナーを創る授業を行っています。

まずは、担任の先生から基礎・基本の確認。みんな、真剣に聞いています。

そのあとは、各自の作業。手元にあるタブレットで自分独自のバナーづくり!

コロナ禍の中、鋳物や漆器といった高岡ならではの伝統工芸に触れる機会に制限のある中で、担任の先生が考えたアイデアです。これも、りっぱな「ものづくり」

デザイン、配色、キャラクターの挿入など、様々な場面で創造性が発揮できます。

自分のペースで進めるのもこの授業の魅力!失敗しては積み上げる・・・

わからない所は、先生に聞いたり、友達と考えたり・・・協働的な作業もできます。

個別最適な学習と協働的な学習の往還・・・これからの授業は、変わっていきそうです。

子供たちの手元には、事前学習のワークシートが!担任の先生の励ましのコメントがぎっしりと記入されています。

新しい機器の活用と、従来からあるこのようなワークシートへのコメントの記入、いろいと組み合わせて子供たちの学びを支援していきたいものです。

さあ、世界に高岡の魅力を発信しよう!

6年生図工 総合的な学習の時間と 連動!

6年生が人物の立体物をつくっています。職業に関する人物像です。

総合的な学習の時間には、自分が将来なりたい職業・今、関心のある職業についていろいろ調べていました。そのことと関連づけた授業です。

今はまだ、骨組みの段階です。でも、創ろうとしている人物像は自分にも関連があります。

自分に関連のある像なので、意欲が倍増!骨組みであっても、ていねいに・・ていねいに・・・

つくろうとしている職業人の種類は様々。

子供たちの手元には、総合的な学習の時間に収集した資料が山積み!これは、漁師さんの画像です。大きなマグロを吊りあげています。

ダイナミックな人の動きが表現できたらいいですね。

生物学者、サッカー選手、ゲームクリエーター、柔道家・・・・人物像のバリエーションは豊富。おもしろい動きも表現できそうです。

骨格をまずつくり、肉付けをし、着彩をして動きを表現!

子供たちのオリジナリティーがいかんなく発揮されそうです。

新しい1週間 雨のはじまり!

秋が深まり、一週間の新たな始まりが雨ということが増えてきました。雨でも傘をさしながら、土日のできごとを(?)談笑する姿がみられます。

前期と後期の児童生徒が入り乱れて登校してくるのが7時45分頃。校門付近は混雑します。

8時前になると、このとおり。後期課程の生徒たちが、ゆったりと登校してきます。これが、毎日のいつもの光景です。