テレビニュースで放映中!-新校歌 澤武紀行さんによる指導-

ほぼ出来上がった国吉義務教育学校の新校歌。作曲者であるオペラ歌手(声楽家)澤武紀行さんによる全校指導の様子(3月23日)が、今高岡ケーブルネットワークの地域ニュースで放映されています。児童生徒と澤武さんが創り上げる新校歌! ぜひ、ご覧ください。概要は以下のとおりです。

「地域ニュース&話題 高岡i(愛)」チャンネル9 チャンネル12

基本放送時間 3月28日(月)~4月3日(日)

8:00 10:00 13:00 18:00 20:00 22:00

 

新校歌 仕上がり間近!-作曲者 澤武紀行さんによる全校指導-

今日は、本校の新しい校歌を今作曲いただいているオペラ歌手(声楽家)澤部紀行さんに来校いただき全校児童生徒に指導していただきました。

各学級や音楽の時間に練習を重ねていますが、全校で合わせて合唱するのは、今回が2回目となります。

校歌は3部合唱となっています。1年生から9年生までの9つの学年が歌うという大前提をもとに作曲いただきました。

澤武さんには、練習の初めに作曲への思いや曲の特徴などを子供たちに熱く語っていただきました。

約1時間の練習でしたが、初めに歌った時とは見違えるほど上手になり、澤武さんからお褒めの言葉をいただけたほどです。

作曲者自らの指導なので、修正すべきポイントが直にわかりやすく伝わってきて子供たちの歌い方がみるみる上手になっていきました。

指導の様子は、テレビ局の取材(高岡ケーブルテレビ 3月28日【月】~4月3日【日】に放映予定)も受けました。

後期課程生徒の男声、女声と前期課程児童の歌詞の重なりが見せ場です。

他に類を見ない校歌に、子供たちの自尊心も高まったように感じました。

校歌の披露は、6月初旬。それまでにあと2回、澤武さんの指導を受ける予定です。練習の最後には、児童生徒会長がお礼の言葉を述べました。

 

【今日の給食紹介】

ふくらぎの味醂焼き と ほうれん草としめじの胡麻味噌あえ です。最後の給食は、和風の献立となっていました。

だんご汁は、具材たっぷりで旨み十分!

後期課程 児童生徒会活動の振り返り!

後期課程の児童生徒会は、各教室で専門委員会を開催しました。図書委員会はメディア・センターにて。今年度後半の活動を振り返りました。

給食委員会は、給食献立黒板の記入やお昼の放送等の常時活動に加え、保体委員会と連携して行った「メディアコントロール週間withスマイル」などについて振り返りました。

義務教育学校となって2年目の今年、児童生徒会活動はずいぶん活発になってきました。前期課程児童と共同で行うユニークな活動を発案・実行できるようになってきたからです。

 

【今日の給食紹介】

大豆入りミートローフ!ハンバーグとはまた違った味わいの逸品です。

子供たちの「好きな給食ランキング」でいつも上位にランクされるフルーツあえもありました。

ポテトスープは、ちょっとスパイシー!

卒業式 予行演習をして準備万端!

本日1時間目、2時間目に卒業式の予行演習を行いました。動きの確認、所作の微修正を行いました。

今年は、9年生の学年主任が音楽科の先生なので、入退場は心を込めた生演奏となります。

答辞、送辞は実際には読みませんが、動きの確認だけを行いました。

卒業式の予行演習のあとには、9年生はPTA会長さんからの記念品贈呈式、受賞集会、同窓会入会式と多くの式を引き続き行いました。

 

【今日の給食紹介】

9年生最後の給食は、生徒たちが食べ慣れたカレーとなりました。みんな味わっておいしくいただきました。ごはんは麦ご飯となっています。

オムレツをご飯の上に載せ、オムカレーにして味わう児童生徒もいました。

 

8年国語 送り仮名の付け方の原則論を学んでいます!

8年生の国語は、現在、国文法に加えて送り仮名の付け方の大原則を学んでいます。年度末の最後の最後まで授業は続きます。

今日の学習課題は「送り仮名の付け方の原則と例外を知ろう」となっています。

黒板には「用言」「動詞」「形容詞」「形容動詞」「活用語尾」などの難しい国文法に関する用語が並びます。

でも、さすがにもうすぐ最高学年となる8年生!授業の内容を何とか理解しようと必死です。「だろ、だつ、で、に、だ、な、なら」・・・・教科担当の先生は生徒たちに印象に残る覚え方などを繰り返しながら一生懸命に指導しておられます。

担任の先生が国語の先生なので、お互いの人柄もそれぞれが承知済み。時々指名しながら順調に授業が進んでいました。

一人で考えるのが難しそうな時は、相談タイムが設けられるので生徒は安心です。近くの人と相談して考えを深めています。

さあ、もうすぐ9年生。最高学年となる時が近づいてきました。

部活動ごとにお別れの挨拶!

本校には5つの部活動があります。部活動ごとに9年生へのお別れの挨拶がありました。

学年が違うとはいえ、今まで練習や試合を共にした仲間です。

例えばソフトテニス部では、手作りの立体物に後輩からの温かいメーセージが書かれたプレゼントを手渡していました。

野球部は8年生の教室前でにこやかに談笑!

メッセージを書いた色紙等を手渡す部もありました。春はお別れの季節でもあります。

新校歌 初めての音合わせ!

今、国吉義務教育学校の校歌の練習を各学級や音楽の時間にしていますが、この日は、1年生から8年生が大きな第一体育館に集結して初めて音合わせをしました。

作曲者であるオペラ歌手(声楽家)澤武紀行さんからは楽譜(まだ確定していないので練習後は回収)と音源をいただいています。

体育館では、間隔を大きくとり換気を行うなどの感染対策を行いました。当然、マスクをしての歌唱となります。

新校歌は3部合唱となっており、曲に重厚さがあります。子供たちは新しいメロディに魅せられ、体をゆすって歌う児童もみられるようになりました。

来週末には、作曲者の澤武紀行さんご自身に指導いただきます。

今日は初めての全体練習だったので、まずはパートごとに歌ってみました。それ以外の人は座ってお休みです。

前半は、国吉地域の牧歌的な雰囲気を、そして後半はテンポが一転、国吉の学校や地域の団結力を示すメロディにしたと、作曲者である澤武紀行さんご自身がおっしゃってくださっています。校歌そのものがオペラになると。

もうすぐ後期課程へと進級する6年生は、既に後期課程の男声、女声のパートにそれぞれ加わっています。

歌詞は児童生徒や保護者・地域からキーワードを募集し、それを整理し、作詞は学校に設置した「校歌作成委員会」が行いました。その後、作曲者である澤武さんの意向をふまえ校歌作成委員会で何度か歌詞を修正しています。今は、歌詞と澤武さんの作曲が見事に調和したすばらしい出来映えとなっています。2年がかりでしたが、完成も間近(6月初旬の予定)です。お楽しみに!

 

児童生徒会長選挙を実施!-演説会は初めてのリモート開催-

選挙管理委員会が実施する児童会長選挙。本日の4時間目にリモートで実施されました。

今回は立候補者が1名で、信任投票となりました。応援演説などが5年生以上の教室に映像配信されました。

選挙管理委員長が、本選挙の意味を説明するところから始まります。

5年生にも選挙権が与えられたのは、今回の選挙が初めてです。そのため、5年生からも選挙管理委員が選出されています。

5、6、7,8年生の各教室では、演説の様子が大画面と大音量で流されました。

投票の注意事項が説明されたあとは、いよいよ投票!

各学年の選挙管理委員が自分の教室に投票箱を届け、投票用紙を回収してきます。

投票のあとは、丁寧に開票作業。

児童生徒会担当の先生たちが見守るなか、投票結果が確定しました。投票結果は、お昼の放送で全校に報告されました。立候補者の信任が確定しました。次期児童生徒会も、活発になりそうです。

 

【今日の給食紹介】

今日は、春巻き と 「カミカミナムル」です。カミカミのゆえんは、胡麻油の効いたナムルに切り干し大根が入っているからです。

ポトフは、じっくりと煮込まれており、野菜の旨みがスープに溶け込んでいます。ロリエなどのハーブ類が味に深みを与えています。

 

8年技術科 LEDドームライトをつくっています!

8年生の技術科では今、LEDドームライトをつくっています。回路の学習です。

設計図を見ながら、黙々とつくっています。

ただ、難しい箇所については担当の先生が大型画面に自分が作業する姿を示してわかりやすく説明されます。

旧のコンピュータ室は、一人一台の学習専用端末が配付されたことによりデスクトップ型のコンピュータは全部撤去され、今はこのような作業に最適の教室となっています。

できあがるまでにはまだ時間がかかりそうですが、完成したものは自分のものとなるので、みんな一生懸命です。

実用物をつくりながら、回路や回路図の学習ができる。まさに一石二鳥です。

6年生~8年生 みんなで新校歌の練習会!

本日の6時間目、広い第一体育館に6年、7年、8年の3学年が集結。オペラ歌手(声楽家)澤武紀行さんが現在作曲中の国吉義務教育学校の校歌を歌ってみました。

8年生は音楽の時間に一度練習しましたが、6年生と7年生はほぼ初めての練習と言えます。

6年生は後期課程の仲間入りをすべく校歌の練習は後期課程の楽譜で歌います。

新校歌は斬新な3部合唱となっています。前期課程児童、後期課程男声、後期課程女声の3つが美しいハーモニーを奏でるのです。

練習を重ねるごとに団結力が高まっていくような感じがします。

他校の校歌にはない新しさを感じます。子供たち自身が自ら新しい時代を切り拓いていく夢のある歌詞・メロディとなっています。

今日の練習で初めて全部を歌いきることができました。何度も何度も練習して、自信をもって声がでるようになれば、もっと素敵に聞こえてくるでしょう。

パートごとに休んでは歌い、休んでは歌いの練習が繰り返されました。

作曲者である澤武紀行さんが指導のために来校くださる3月18日まで、練習を重ねていきます。

 

 

1 2 3 63