3年生道徳 授業の終末は書いて考えを整理します!

3年生の道徳は、公共のきまりについて学んでいました。授業の終末部分では書いてまとめる活動が行われています。

子供たちの考えを黒板に整理した先生。最後は、自分の言葉でまとめさせます。

この流れに子供たちは慣れているので、いつものように道徳ノートにまとめます。

先生からのコメントももらえるので、率直な自分の思いや考えを書き込みます。

文章を書きながら先生を呼んで確認する児童もいます。

今日は、公共の約束事を守ることの大切さについて学んでいましたが、授業の終わりに書いてまとめる活動は、自分の心に落とし込む大切な行為となっていると思いました。

コツコツと鉛筆の音が響いていました。